2011/04/30

Producer

今回の曲のプロデュースはモナ監督!
人間の何倍も聞こえる耳で
どんなプロデュースをしてくれるのでしょう?
頼むよー!

Recording

レコーディングをはじめました。
いやー久しぶり。
本気モードのスイッチがなかなか入らないので
ヘッドホンでモニターしながら
1時間スケール練習してました。
ようやく勘が戻ってきたかな?

2011/04/29

のんびりモード

Acousphere奥沢です。
最近のんびりモードを楽しんでいます。
今日は練馬のMammoth Coffeeでお茶会。
ギターの情報をもっと楽しい形で届けようとはじめたサイト
Guitarist Reportsも記事件数100を超えて
ちょっとほっとしました。
この後6月まで毎日記事が更新されますのでお楽しみに!
さあ次のStartUpは何にしようかな?

2011/04/26

ギターリペア 17

ということでなんとか完成!
これからは肩からずっと下げながら
負担なく楽しく弾けますね。
ストラップをつけるだけで利便性があがって、
ギターの練習量も増えると思いますので、
上達を早くしたい人はミニギター&ストラップをおすすめします!
それでは!

ギターリペア 16

おお!いい感じです。
こころなしネックも懐側に動いたので、
演奏もしやすくなりました。

ギターリペア 15

とういうことでペグのついてる場所の
一番突端ちかくに結ぶ場所を移動!
これでもバランスよく持てるといいのですが。

ギターリペア 14

ヘッドの端っこのナット側にしばってみましたが、
これだと手が触れてしまって演奏に支障が!
この結び方がトラディショナルなんですけどねえ。

ギターリペア 13

こんな感じで装着完了!

ギターリペア 12

反対側は紐をむすんでおきます。
今回はWes Montgomeryのような
ネックの先端に紐で結んだスタイルで
ストラップをすることに挑戦です!

ギターリペア 11

今度はストラップにロックピンをつけます。
穴に通してレンチで軽く締めればこの通り。
これで安心してストラップができますよ。

ギターリペア 10

ほらね!
大丈夫なのです!
(良い子はまねしないでね!)

ギターリペア 9

こんな時の解決策、それは「無視」!
えーい、ままよー!
どうせストラップピンの陰にかくれて
見えなくなるのじゃー!
グリグリ!

ギターリペア 8

ぎええ!
若干木材が持ち上がって塗装がめくれてきました。
穴がタイトすぎたようです。
ああー、どうしよう。

ギターリペア 7

次はストラップピンのとりつけです。
ゆっくり、ゆっくりねじこんでゆきますが....

ギターリペア 6

穴があきました!
ああ、心が痛い....。

ギターリペア

ぎゅるぎゅるー!
やってしまってます!
Aerialの池田くんに押さえてもらってます。

ギターリペア 6

いよいよやります。
いやー怖いなあ。
何回やっても慣れませんねえ。

ギターリペア 5

穴をあける場所はここ。
木材の継ぎ目なので簡単にわかりますね。

ギターリペア 4

まずドリルでギターに穴をあけます。
ネジの大きさよりほんの小さめのドリルを選択。

ギターリペア 3

ミニギターにあわせて買ってきたストラップ。
茶色であわせてみました。

ギターリペア 2

とりつけるのはこちらのロックピン。
これならストラップはずれとギターの落下を防げます。

ギターリペア 1

これからこのミニギターにストラップピンをつけます!
木工はあとにひけなくて怖いんですが
清水くんのように上手にできるようがんばるぞ!

ベストデザート!

ぼくがこの世で一番好きなケーキ
それがこのパンプディングです!
家庭のケーキの代表ですが
それゆえお店で食べられる場所が少なくて。
今日はラッキーでした!

Lunch

今日もまたきてしまいました。
大好きな荻窪のカフェ、ルクールピュー。
いつきても、何をたべても本当においしくて
人を幸せにしてくれるご飯です。
今日もハッピーなスタートできて嬉しいですね。

2011/04/25

いい時期!

Acousphere奥沢です。
ほんとに庭仕事をするのにいい季節になりましたね!
スタジオ前のお花も満開!
もう少し花粉がなくなったらアウトドア生活を楽しみたいと思いますよ。

コラム: ウクレレをギターの代わりにするための考察

Acousphere奥沢です。
いつ頃からかわかりませんが小さいギターが好きで、ミニギターとかトラベルギターという言葉があるとついお店に立ち寄ってしまうようになりました。
多分「いつでもどこでもギターを弾いていたい」という気持ちが強くて、それが小さいギター
という利便性の高い楽器への愛情になったのではないかと自己分析しています。

その僕が小さいギター以外に同じ理由で興味を持っているのがウクレレです。
ウクレレはミニギターよりもさらにサイズも小さく持ち運びに便利。
ちょっとした外出時にも持ってゆけますし、長旅にも負担にならずに連れてゆく事ができます。

ギターとウクレレは共通項も多く、ギターと同じチューニングの音程違いになっているので持ち替えてもある程度はギターのテクニックや考え方を流用してすぐに弾く事ができます。
僕もしばらく持ち歩いていたこともあったのですが、しばらく経つとやはりミニギターの方を選択し持ち歩くようになりました。
なぜか?

それはウクレレではギターと同じようなダイナミックなサウンドが楽しめなくて、ギターの代用品ではなく「ウクレレ」として響いてしまうからなのだと。
もちろんギターと違う楽器として考案されているウクレレは、この楽器、このチューニングだからこそ生まれた素晴らしい音楽もいっぱいあります。
ウクレレはチューニングも含めとても完成された美を持つ楽器だと思います!
でも、ギタリストとしてわがままにギターのように演奏したい!と思ってしまうのもまた性!
どうしたらギターのように弾ける楽器になるのでしょうか?

僕がいま思う僕にとってのウクレレの問題点はまずチューニングの音域。
ギター開放弦のチューニングのMajor 3rd上にチューニングされているのがウクレレで、これによりかわいらしい高音中心のサウンドで響きます。
ですがあまりにも音が高音側にシフトしてるので低い音の倍音成分が生成されず、骨太なコードサウンドなど、伴奏に必要な音域が再生されないという問題があります。
ここが解決するとストリートでウクレレをかき鳴らしながら原発反対のメッセージソングも歌う事ができるはずなんですね。
時代はいまそれを歌わないといけない時代ですし!

それから演奏性の問題点は抱えながら弾かないといけないという部分。
ウクレレはストラップを使わないで演奏するプレイヤーが多く、それゆえに右手か左手のどちらかで常にウクレレをホールドしながら同時に演奏も行うというスタイルになっています。
これがギタリストとしては慣れないところです。
やはり右手も左手ものびのびと演奏の為に大きく動かしたいと思うのです。
この二点を解決する事ができればウクレレをギターのように弾くという計画は大きく進歩するはずです。

解決方法は以下。
(1) ギターと同じチューニングにする。(1弦E 2弦B 3弦G 4弦D)
(2) Low Gのストリングスに交換する。
(3) ストラップをつける。

まずはこの実験をすすめてチューニングがちゃんと合うのか、またどんな弦を張ったらいいのかなどを実験してゆきたい、そしていずれ小さなギターのように扱う事ができるようなメソッドを構築できたらと思います!

2011/04/24

メイン

蕎麦!
ここの蕎麦は絶品です!

茶碗蒸し

今日の昼食は蕎麦懐石を家族総出できています!
おいしい茶碗蒸しがでましたー!

夕食新メニュー

Acousphere奥沢です。
仕事終わりにParanoaの八田くんと一緒に
阿佐ヶ谷の沖縄そばのお店に初挑戦しました!
おいしかったです!
食べ物に関してはぼくはかなりのコンサバなので、
めったの挑戦しないのですが、
新しいご飯どころを開拓したくて冒険してみました。
深夜まで営業してるそうなので嬉しいですね!
おいしかったしヘルシーでした!

2011/04/23

至福の!

山盛りのパイナップルをいただきます!

一日後書

実に長い一日でした!
そして今日は良くギター弾きました。
ギタリストという仕事をしてるので
まあ普通に一日3時間くらいは弾いていますが、
今日はそれにプラスして2時間は弾いて、
がっちり弾いたなあという充実感がありますね。
しかしConfirmationのメロディは
アルペジオが入り組んでいてなかなか大変です。
でもジャズのお手本のような流麗なメロディは
何回弾いても飽きないですねえ。

音楽勉強

Acousphere奥沢です。
深夜のひとり勉強会。
今日もJazzのスタンダード"Confirmation"のメロディの
より効率のよい指使いを研究中です。
効率悪い指使いだとどんなに練習しても
指がついてゆけなくてフレーズが弾けません。
まずは一番Reasonableな指使いをみつけるのが
ギタリストの上達にとって大事なことなんですね。
今日もまた発見がありましたので
先日公開した譜面の改訂版ださないといけないですね。
もうしばし弾いたら明け方に就寝です。

初ツイート!

Acousphere奥沢です!
現在急ピッチで制作してるサイト「Guitarist Reports」。
こちらに簡単なミニブログ的なものを埋め込みたくて
とうとうTwitterとTwitpicに同時加入!
そして初ツイートしてしまいました。
なんか遅くはじめた手習いみたいで
とっても恥ずかしい気分になるのはなんでなんでしょうねえ?

2011/04/21

CD from Amazon

Acousphere奥沢です!
いっぱい勉強しようと思いとりよせた
チャーリーパーカーのCDが届きました!
今夜も眠れないですねえ。
でも嬉しいですね!

2011/04/18

開店準備

Acousphere奥沢です!
昨日の夕食は母に誘われてカレーをご馳走になりました!
野菜と果物のペーストがたくさん入った
さっぱり風味のヘルシーなカレーでおいしかった!
このカレーを中心にしてまたカフェをオープンする予定です。
以前はパスタを振舞っていましたが、
野菜を中心にした健康食を出してゆきたいとこと。
僕も開店のお手伝いをしてゆきたいと思います。
音楽と食べ物、そしてライフスタイル。
いろいろ変化してゆく年に今年はなりそうですね。

2011/04/16

タブ譜をつくってました。そして完成!


Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

Acousphere奥沢です!
ギタリストとしてはフレーズの勉強をするのも、アルペジオを記入して残しておくにも、五線譜よりもTab譜のほうが早くて便利ですよね!
でも自分にあったちょうどよいものがなかったので、ちょっとタブ譜をPhotoShopで作ってみました。
割と線の間隔をひろげておいたので、数字を書き込むのに重宝するのではないかと思います。
ぜひみなさんもプリントアウトしてご活用ください!

2011/04/15

New Release !

Acousphere奥沢です!
Acousphere Recordより新しい音源の配信がスタートしました!
New Age系ギタリスト "Aerial" による最新作は、
雄大な河の流れを表現したオリジナル曲 "River Of Reflection" です!
何年もまえのAcousphereによるライブイベントで弾いてくれて、
それからずいぶんの時を経てようやく作品にできました。
Acousphere Recordとしても第8弾のリリースということで
本当に感慨深いです!
iTunesにて "Aerial river" で検索すれば発見できると思います。
試聴&ダウンロードよろしくお願いします!

2011/04/14

長い一日

Acousphere奥沢です。
今日も長い一日でした。
ギタリストの生活は全部自分でやることを決めて
そして遂行するって感じですので
とにかく多岐にわたった作業をしています。
それが大変でもあり、また楽しみでもあるんですけどね。
今日も最後は若手のギタリストたちと
音楽をすることや夢の実現について話していました。
iTunesでも誰でも楽曲を発表できる時代。
YouTubeで演奏を届けることができる時代。
もはや音楽でたべてゆく、プロになるというのは夢ではなく、
目の前の現実になりましたよね。
だからこそ夢の形をメジャーデビューや事務所との契約、
というものに設定するのは意味がなくなり、
どう音楽を続けながら生きてゆくか?という
ライフスタイルの問題にシフトしてきたのではないでしょうか。
今日も若い人を相手にこの辺についてどう思うか
たくさん話すことができて勉強になりました。
そしてみんなの手本になれるよう、僕が同じ立ち位置でがんばることが
みんなの励みになるんではないかなと思っています。
明日もまた地道な作業をがんばりますよ!

2011/04/12

うっかり

おっと!
うっかりタイトルの件にふれずに
記事を送信してしまいました!

小さいギターでも人工ハーモニクスが
どのくらいスムーズにできるか試してます。
面白いことを発見。
フレット幅が小さいので右手のハーモニクスの場所も
とても近いので弾きやすいかも。
小さいというメリットは持ち運び以外の、
とくに演奏面に発揮されるかもしれないですね。
もっと小さなギターで実験したほうが良い
いろんな事があるかもしれないですね。

人工ハーモニクス

Acousphere奥沢です。
今日は自宅のソファにくつろぎながら
結構長いことギターを弾いておりました。
いまはJazzのスタンダード曲、
「confirmation」のメロディをどうしたら効率よく弾けるのか研究中で、
あれこれ試行錯誤しながら練習しています。
その際のギターはミニギターをつかってます。
僕の相棒のギターL-5は大きくて気軽には弾けないんで、
ミニギターやトラベルギターは重宝しています。
今年の夏には小さなギターとウクレレを持った人たちと
郊外でセッションを楽しむイベントサークルなんか
やってみたいなーと考えています。
バーベキューしながら小さなギターでセッション。
考えただけで楽しそうだなー。

2011/04/09

ギターリペア

Acousphere奥沢です!
昨日は弟子のギタリスト播磨くんが遊びにきて
僕のL-5のコンディション調整をしてくれました。
まず最初に指摘されたのはフレットの汚れ。
確かに買ってから一度も磨いたことはありませんでしたが、
とくに演奏に支障もなかったので放置してました。
がしかし、磨いてもらったらなんと弾きやすいこと!
ベンドもビブラートもかかりが良くご機嫌です。
掃除ひとつでこんなにかわるとは!
播磨くんに感謝!
そして自分的に反省!

Guitar Study

Acousphere奥沢です!
少しずつ以前と同じ生活リズムが
うまれてきたこの頃。

今日はギターレッスンDay。
左手の形を安定させるテクニック
Inpositionについて説明しました。

以下がメジャースケールの基本の指使い。

2011/04/02

キャンドルナイト

今日もギタリスト集まって
いろいろ話で盛り上がっています。
なかなかいい雰囲気ですよ。

今日の仕事

Acousphere奥沢です。
今日はAcoustic Sound Organizationの麻生くんと一緒に
ギターのレッスン記事をつくってました。
彼のJazzフレーズの記事がGuitarist Reportsに掲載されてますので、
ぜひご覧になってくださいね!
そして彼はこれからギタリストの露木くんのライブに
記者としていってきます。
また新しい記事を楽しみにしてますよ!

今日の備忘録

Acousphere奥沢です。
今日の清水くんを囲む会。
さまざまな話が出て勉強になりました。
やはり震災があった後なので話題の中心はエネルギーをどう使うか。
これからは停電も多くなるでしょうし、
エコロジーな事を考えても使い方に気をつけないといけません。
音楽にとっても電気というエネルギーは必要。
できれば太陽光発電など導入してMacを充電し、
そのエネルギーだけで録音できないかね?なんて意見交換してました。
そうなるとサウンドインターフェースもBus Powerの方がいいかなと。
播磨くんのおすすめは近日発売予定のDuet 2だそうです。
全員が、「えっ!なに新商品でるの?」と色めきだった瞬間。
やはりApogeeの製品の注目度の高さはすごいですね。
僕もあとでスペックを調べたいと思います!

見送って

楽しい宴もおわって若手のギタリストを見送りました。
その後はモナさんとお散歩。
このところの我が家の省エネ政策の為に
お風呂の回数が少なくなってしまってますが、
明日は休日だし久しぶりにいれてあげますよ。
なんてモナに話していると満開の木蓮。
いい季節になりましたね。
美しい。

Seventy Seven

播磨くんがセッティングをみてくれたのは麻生くん所有のSeventy Seven。
清水くんの影響か、このギターを購入し所有する人が増えましたね。
僕も弾いてみましたが素晴らしいギターです。
ネックのどっしりした感じは安定感を与えてくれますし、
音も太くでサスティンも素晴らしい。
まさに歌うギターですね。

メンバー集結

Acousphere奥沢です。
相方の清水くんが一ヶ月ぶりに東京にやってきました。
しばらく滞在してギターレッスンをする予定です。
たくさんの人が会いたがっていたので嬉しいですね。
さっそく彼のお弟子さんが集まってくれて、
菜の花亭でギター談義がはじまりました。
それを見守る僕の母上も嬉しそうです。

過去のブログ記事