2013/12/31

風邪について調べてみた。

現在また風邪をひいている。
インフルエンザ、風邪と立て続けに罹患してる原因は唯一「過労」だ。
ホームドクターT先生にも真っ先に指摘された。
そして過労は睡眠不足が原因だともおっしゃっていた。
毎日8時間寝てるT先生は罹患しないそうだ。
働きすぎてもいいがしっかり寝るというのが大事ということなので、
来年は睡眠時間確保を優先して免疫力をつけたい。

それから風邪に対する正しい知識も欠けていた。
昨晩ネット上で複数のサイトでひろってきた情報をまとめておく。

・風邪はウィルス感染によるものなので抗生物質は効かない。
・ウィルスの数は200以上で特定できない。
・唯一原因がわかるものがインフルエンザらしい。
・インフルエンザならタミフルが効く。
・自然治癒力で治す以外方法がない。
・飛沫感染か接触感染する。
・手洗いが有効な対策。
・うがいは緑茶うがいのみ効果ありという実験結果がある。
・ヨード系のうがい薬の効果は統計的には実証されてないらしい。
・罹患したら外出せず寝て治るのを待つ。
・クレベリンの効果を感じる旨の体験談は多く、家族内感染を抑える効果あり。
・空気清浄機の効果は不明。
・体温を高めて免疫をアップする。
・体力消耗しない程度で入浴する。
・ビタミンC摂取も効果ははっきりしないが効果ありとの体験談は多し。
・インフルエンザワクチンは意味がなく害があるとの書き込み多し。

何が真実かはいつでもわからないが、なるべく平たく情報をひろってみるとこんな結果だった。
まずはこれを踏まえて自分なりの対策をたててゆきたい。
来年こそ風邪と災厄のない健やかな一年でありたい。

Patのアドリブメロディに見る最小限のコード感について。

ほんの少しPat Methenyのアドリブフレーズをコピーし分析してみた。
なぜPatのアドリブメロディはあんなにも美しくフレンドリーでその上ポップなのか、少しでも知りたい。
Do、Mi、Fa、La、Ti、Re、Doという上昇形のメロディ。
一見するとスケールを適当に跳ばしながら上昇してるだけに見えるが、楽曲の中でも外でもとっても良いメロディだ。
すごく細分化して考えて見た。
Do、Miは3度の関係でImaj7の機能を持っているとも言える。
まあたった2音なのだが。
Fa、Laも3度関係でIVmaj7の機能といえる。
Ti、Reも同じように考えるとViim7b5の機能だ。
そしてこのフレーズの裏に流れるコード進行はまさしくImaj7-IVmaj7-Viim7b5だ。
うーん、これはもう作曲しておいたフレーズなのかと思ってしまう。
あまりにも出来すぎているからだ。
でもそう結論づけてしまっては発見はないとも思う。
何か別のコンセプトがあるのではないか。

いま仮説のひとつに思いついたのは、
「ポップなアドリブメロディは3度のリープを中心にできていて、それが最小限の独自のコード進行感を生み出しているから」
というもの。
なかなか良い仮説だと思う。
音がフレーズとして成立し尚且つコード感を表現できる最小単位は2音だ。
3音、4音くくりで生まれるアルペジオの考え方よりももっと最小限の単位があるということかもしれない。
そしてPat Methenyはそれをコンセプトに据えてこういったアドリブメロディに到達してるのではないかと。
しばしセッションなどでこのコンセプトを試したり、Patの他のフレーズもこの仮説に基づいて分析してみたいとおもう。

2013/12/28

さらば2013。

今年ももうすぐで終わる。
年が明けてしまうと未来のことを考えてしまうので、今のうちに今年を振り返っておかねばならないだろう。
今年はとにかく病気と災厄にとらわれた年だった。
今年のお正月から続いた体調不良は5月になり胃炎と痛風の発作が交互に発症。
人生初となる胃カメラのお世話になったり、夜間救急診療の常連となり仲間内に大変な迷惑をかけてしまった。
原因が過労と高尿酸血症由来とわかるまでに多数の検査を受け、その間も体調不良が続いたおかげで長いこと時間を無駄にしてしまった。
晴れて病名が痛風と確定した後治療をして回復するまでに1ヶ月以上かかってしまった。
時を同じくして母が胆石で入院し、急遽胆嚢の除去手術となった。
しばらくは自分の痛風を隠し、通院して看病をしていたのも大変な思い出だ。
その後薬のおかげでみるみる体調不良は解消しここ数年で1番元気な体を取り戻した。
そうなった瞬間にまた悪い虫がうずき、仕事の遅れを取り戻そうとがむしゃらに働いてしまった。
結果、体の免疫機能が低下しインフルエンザ、風邪と年末になり立て続けに罹患してしまった。
そして今年は自分にとって後厄の年である。
健康と仕事の遅れを取り戻すだけの年だった今年がもうすぐ終わる。
こんなに新しい年を待ちわびたことはない。
来年は健康で有り続け、家族と大切な仲間たちを守りつづけることができるような自分であり続けたい。
残されたわずかな今年の間に、よりよい生活スタイルについてしっかりと考察しておこう。

2013/12/26

アコカフェ営業日!

今年も残すところあと少し。
12/28の土曜日までが営業日です!
師走になって来店も減りましたが、その分奥のオフィススペースでウェブ作業頑張っています。
この休みもギターレッスン映像制作頑張る予定です!

ふたつのオクターブ奏法。


先日の月曜日まで相棒の清水くんが札幌からやってきていた。
彼がくると決まってアコースフィアカフェでミーティングをする。
東京にいなかった間にビジネスにどのような変化があったのか、また今後の展望について情報を共有している。
音楽的な実験の結果やあたらしく気がついた事なども話す。
今回テーマになったのは「ふたつのオクターブ奏法」についてだった。
備忘録も兼ねて、どんな話になったかを書き記しておく。

ここ数年ぼくはWes Montgomeryを研究している。
Wesといえばオクターブ奏法だが僕はGeorge Bensonスタイルを採用していた。
人差し指と小指のコンビネーションのみで弾く弾き方で、これがWesスタイルの進化形だと考えていた。
対してWesは人差し指と中指、人差し指と小指というふたつのバリエーションを使い分けてオクターブ奏法を行っている。
今回はじめてこのふたつのオクターブ奏法の違いについて研究してみた。
具体的には何をしたかというと、BensonスタイルをやめてWesスタイルを練習し、その後おなじメロディーをふたつのスタイルで弾き比べてみた。
結果、音の出方に大きな差があるということがわかった。
Wesスタイルの方が音が大きくて暖かみがあり、Bensonスタイルよりも良い。
なぜそのような結果が出たかというと、意識している音の在り方だとわかった。
Bensonスタイルは小指を中心に意識して運指するので高い方の音がハッキリ出るが低い方の出が悪くなる。Wesは人差し指が中心になるのでフレーズの中心は低い方の音になり太いトーンが出る。
それでいて面白いのはWesスタイルでは高い方の音もBensonと同じ音量で出続け希薄にならないということだった。
比較するとWesスタイルの方が秀でているということがわかった。
Wesの系譜はBensonに引き継がれて進化し、そのあとのWes系ミュージシャンに引き継がれていると思っていたが間違いであった。
Wesの系譜はBensonの前で途絶えていて、Bensonをふまえた演奏はBensonの系譜でしかないのだ。
そしてBensonの独自の解釈でうまれたオクターブ奏法はWesのものよりも劣っている。
今一度Wes Montgomery本人の演奏に僕らは回帰しなくてはならない。

清水くんにとってもこの考えははじめてだったようで、その後本人もギターを弾きしきりにその効果を試していた。
この情報を共有することで彼の演奏がいちだんと磨きがかかることを期待したい。
自分はこれまでのBensonスタイルをリセットし、新しくWesスタイルに挑戦する。
感覚があらたまるまでには一年以上かかるだろうけれど、それだけの価値のある変化だと思う。
原点回帰とはこういう事なのかもしれない。
まだまだ原点で発見できる事は多いはずだ。
今後の人生も楽しみだ。

2013/12/24

Eleanor Rigbyの弾き方レッスン動画をアップしました!


Acousphere奥沢です!
弟子のギタリスト、Aerial池田くんと一緒にビートルズの「Eleanor Rigby」のギターレッスン動画を作りました!
とてもニューエイジ感あふれるアレンジメントになりましたのでぜひチャレンジしてほしいと思います!

2013/12/21

映像制作。

ただいま深夜2時43分。
清水君が北海道から東京に来ていたのでギターレッスンのチュートリアル動画を撮影していました。
今夜も素晴らしい主題を下に良いレッスン映像を撮ることができました。
近日中に編集をしてYouTubeにアップロードする予定です。
ぜひ楽しみにしていてください。
明日は弟子の麻生くん主催のウクレレクリニックに僕も講師として参加します。
今年最後のウクレレクリニック、明日も頑張りたいと思います。

2013/12/18

With or Without Youをギターで演奏しました!


Acousphere奥沢です!
Acoustic Sound Organizationの麻生くんと一緒に U2の名曲「With or Without You」のギターデュオアレンジを作って演奏してみました!
今回のみどころは4つしかないコードをどうバリエーションを変えつつダイナミズムを変化させた演奏にできるかです。
ポツンとたたずんでいるような寂しい雰囲気の伴奏が、後半になるにつれ大きくパワフルな伴奏に変化し、そして最後にまた最小化するというアレンジを麻生くんが見事に演奏してくれています。
こちらのアレンジメントのギターレッスン動画も制作中で、近日中にアップロードいたしますので、それをみてみなさんもこのアレンジメントで演奏を楽しんでほしいと思います!
これからもみなさんが弾きたくなるような有名曲のギターアレンジメントをたくさん作ってゆきたいと思いますので、AcousphereのYouTubeチャンネルへの登録もぜひお願い致します!
https://www.youtube.com/user/acousphere

2013/12/15

アドリブに関するギターレッスン動画アップしました!


Acousphere奥沢です!
ひさしぶりに相棒の清水くんと一緒にギターレッスン動画を制作いたしました!
北海道で忙しくしている彼ですが、東京でのレッスンでも多忙にしていまして、上京中にもなかなか時間がとれず、ずっと映像もやれずにいました。
今回は仕事あとに無理矢理深夜までつきあってもらいましたよ!
これからも深夜にふたりでがんばって作って行く所存ですのでお楽しみに!
さて、今回のギターレッスン動画は「コードトーンをつかったアドリブの練習例」です。
Stevie Wonderの名曲「Isn't She Lovely」のコード進行「C#-7, F#7, B7, Emaj」を使ってコードトーンだけを弾いてみました。
はじめから2コーラスまでは練習のように順序よくコードトーンを弾いて、3コーラス目ではそれらをメロディアスにつないでアドリブメロディのように弾いてみました。
こうやってきくとコードトーンだけで十分すてきなメロディが作れる事がわかりますね。
ぜひお試しください!

2013/12/14

スピード感。

今日なんとかインフルエンザから復帰した。
僕が不在だった間の話をきこうと弟子と連絡をとるも、みな忙しい。
今夜もこれからYouTube用のギターレッスン教材を作るらしい。
頼もしい弟子たちを嬉しく思いつつも寂しくもある。
ほんのちょっとのリタイアメントでも、今の彼らのスピードだとあっという間においていかれる。
それだけ精力的に活動できているという証拠かもしれない。
結果として出てきたものはまだまだ少ないが、信念をもってこれだけの活動をしてる彼らがいつか音楽のメインストリームに躍り出ることは間違いない。
その若いエネルギーに負けないで僕も早く同じスピードを取り戻したいと思いつつも、今日はさすがに体力も持たない。
しばし後退あるのみ。

インフルエンザ。

この三日間インフルエンザにやられていた。
何年かぶりにかかったインフルエンザだがとてもキツかった。
高熱が長い時間続き動けず、動かない身体は硬直して肩こりからの頭痛も併発。
氷枕で熱をおさえるようになってからは徐々に回復したが、ピーク時はとてもキツかった。

風邪やインフルエンザは常に我々と隣り合わせにあるようなもので、罹患するかのは運次第のように甘く考えていたかもしれない。
こんなに辛い思いをするならもう二度と罹りたくない。
もっと対策をしっかりしておかねばならない。
これまでやってきた対策はこうだった。

・帰宅時、手洗い。
・風邪の人に近づかない。
・空気清浄機でなるべく菌を除去。

こうやって振り返ってもちょっと対策が手薄だった。
これに加えて改善策を考えなくてはならない。
できそうなアイデアを考える。

・イソジンでうがいの徹底。
・ビタミンCのタブレット服用。
・クレベリンゲルの設置。
・感冒期の外出制限。
・移動手段を考える。

こうして振り返ってみると今回罹患してしまったのはこれらの対策に逆らった数々の行動をしていたからだと痛感する。
やっぱり世の中は因果応報、原因があって結果があると知る。
運ではなく、自分で呼び込んでしまった今回のインフルエンザ。
二度とお目にかからないように生活態度を改めようと思う。
やりたいことがたくさんあって、寝てる暇はないのだ。

2013/12/13

ギターレッスン動画アップ!ウクレレとギターで「Dance With Me」!


Acousphere奥沢です!
ここ最近弟子達と一緒に映像制作で盛り上がっております!
どんどんコンピューターミュージックにおされ、楽器演奏やオーガニックな音楽が減っていると感じている僕ら、なんとか楽器を始める人を増やしたいと思い、ギターレッスン映像、ウクレレレッスン映像の制作に力をいれています!
楽器が弾けて、音楽が側にある人生はほんとうに素晴らしいものです。
ぼくらも毎日そういう生活ができて幸せだと感じています。
こういったライフスタイルがひろがってゆくためにはまず演奏できる人間が魅力的なアレンジメントを作り、演奏し、弾き方を説明することが大事かと思ってます!
今回は「Dance With Me」のギター伴奏を説明していますので、ぜひこのギターレッスン動画をみながらチャレンジしてみてくださいね!

2013/12/11

The Roseのギターレッスン動画をアップしました!ボサノヴァバージョンです!


先日、しみずくんのお弟子さんのボサノヴァギタリスト、外薗くんと名曲「The Rose」をスタジオライブで録画したのですが、その続きのギターレッスンパート付きの動画をアップロードいたしました!
キーはCメジャーで、比較的かんたんなアレンジになってますので初心者の人でも弾けると思います!
気軽にボサノヴァのサウンドをはじめたいという人はぜひこの動画で勉強してみてほしいと思います!
外薗くんもアコースフィアスタジオにおいてボサノヴァギター教室を開講していますので、そちらへの参加もぜひよろしくおねがいいたします!

2013/12/10

井上くんとセッション!Time After Time弾きました!


Acousphere奥沢です!
弟子の井上くんとTime After Timeを一緒にスタジオライブで演奏しました!
その昔ぼくが教えたアレンジメントなんですが、すっかり自分のものにして素敵な演奏ができるようになった井上くん。
まさか自分がメロディの方を弾く時がくるとは思いませんでした!
最近は弟子の成長が目覚ましくてほんとうに楽しいですね。
良い演奏家がいないと日本の音楽文化はどんどん衰退してしまうと思うので、若いミュージシャンを守ってゆくことも更にがんばりたいと思います!
ぜひ、井上くんのギターレッスンにもアクセスしてみてくださいね!

完成!

適当なレシピで作った割に結構上手にできました!
いただきます!

自炊!

久しぶりに自炊をしています!
なんとなく思い立ってフレッシュトマトもスパゲッティーを作ることにしました。
美味しくできますように!

2013/12/07

今宵も!

急に思い立ってスタジオライブ撮影をはじめました!
どうしても今すぐ弾きたい曲があるので、急遽麻生くんに伴奏を作ってもらいました。
迷惑な師匠ですまぬ!

2013/12/06

朝食!

これから新宿へアコカフェの買い出し!
店は弟子に任せていろいろ奔走します。
まずはピューで朝ごはん!

2013/12/05

紅葉。

荻窪の大田黒公園は紅葉が美しい季節になりました。
どこかドライブにもいきたいなあ。

2013/12/03

レイクタウン!

母がユザワヤにゆきたいと言うのでレイクタウンにきました。
相変わらずでっかい!
中を歩いてるだけでじゅうぶんクタクタです。

生徒さんとセッション!ジョビンのwaveを弾きました!


Acousphere奥沢です!
今日は僕のギターレッスンにきてくださっている素晴らしいおじさまトリオの演奏を紹介したいと思います!
年に数回開いている生徒さんパーティで意気投合なさった3人でグループ結成して、それからは自主的にセッションも!
そういう出会いをアシストできてこちらも嬉しく、光栄に思います!
楽曲はジョビンの名曲「Wave」です!
ぜひご覧ください!
そして12月22日にはひさしぶりに仲間があつまってホームパーティをひらきます!
生徒さんのみなさんはぜひ参加くださいね!

2013/12/02

すげえよ!Amazon!


Acousphere奥沢です!
よくビジネスニュースをインターネットで拾ってきては勉強してるのですが、ジョブズなき後この企業すごいなあと常々思ってるのがAmazonさんです。
そして今日、またAmazonさんの斬新ですんごいビジネスを動画で発見し、驚愕しておるところです。
ドローンヘリコプターを使って全自動でお荷物配達。
すげえよAmazon。
つぎは物流までやる気なんですねえ。
ホント、世の中はいつかAmazon一社だけで事足りるようになるかもしれない。
いやあ、まじすげえ会社だなあ。
まいりました!

プロギタリストを目指す人にどんなギターが最適か考察中。


今日は自分の考察の備忘録。
新しい生徒さんにすすめるギターについて。
先日とても久しぶりに本気でプロを目指しているという人がやってきた。
音楽でなんとか生活してゆこうと頑張ってる自分にはとても嬉しい出会いだった。
彼のキャリア、夢を現実にしてあげるために僕も真剣に考えて関わっている。
いま彼が弾いているギターはマーチンのフォークギターだが、彼の思うギタリストへの道を切り開くには不向きなギターなので、買い替えてもっと彼の助けになるような良いギターへ移行する事が大切だ。
まず何が問題点なのか列挙してみよう。

・D-28はサイズが大きすぎて弾きにくく、実際よりも演奏スキルが低下して聞こえる。
・ブロンズ弦ギターは固くて演奏のイントネーションが出にくいのでメロディ弾きに不向き。
・ブロンズ弦でカバーできる音楽ジャンルが少なくサポート演奏に不向き。

彼の最初の目標は「セッションミュージシャンとしてサポート演奏ができるようになる」ということなので、やはりオールラウンドに弾けるアクセスの良いギターが必要になる。
だとすれば選択肢はナイロン弦ギターとなるだろう。
ナイロン弦ギターの優位性を挙げておく。

・弦が柔らかくてイントネーションが良い。
・メロディ弾きも太くて良い音で演奏できる。
・ボサノヴァ、フラメンコ、クラシック、ジャズと多数の音楽ジャンルに対応できる。

最近はネックも細くて弾きやすいナイロン弦ギターも多く出て来たのでOne Man Rhythm Section的な演奏にもフィットさせることも出来るし、サポート、アーティスト作品制作にもマルチに活躍するだろう。
それをふまえて具体的なモデルをいくつか調べてみたので列挙しよう。

・サドウスキーのナイロン弦ギター東京ライン。新品中古とも欠品中。
・リックターナー中古。未知数なので要試奏。
・Godin。定番オールラウンダー且つリーズナブルプライス。
・ジャズギター改造ナイロン弦ギター。改造の手間が大変だがインパクト大!

とりあえず現状はここまで。
もう少しあたらしいルシアーさんやデザインのギターがないか、再度ネットサーフィンしつつ考えなくては。

2013/12/01

荻窪の鳥もと。

今日もひとりでふらっと鳥もとに立ち寄っております。
身体が疲れてたんぱく質がほしくなるときてしまうんですよねえ。
ここでエネルギー補給してこのあとも元気に働きたい!
ギターレッスンの映像編集が今日の課題です!

ウクレレレッスン動画、ひさしぶりにアップしました!


Acousphere奥沢です!
あたらしいウクレレレッスン動画をアップロードいたしました!
今回はSonascribeのギタリスト林本くんとエリッククラプトンがやっていたバンドCreamの名曲「Sunshine of Your Love」をウクレレデュオアレンジしてみました!
意外なほどウクレレとロックの曲は相性が良いですね!
かなり面白い演奏になっています!
演奏動画のあとには伴奏のチュートリアル動画もありますので、ぜひ練習してみてほしいと思います!

カフェ営業中!

今日もアコカフェの営業から一日がスタートです。
このところ暖かくて陽気がよくなってきたのでオープンテラスに戻しました。
この形で営業できる陽気も残すところわずかですかね。
一年は早いですねえ。

過去のブログ記事