2016/12/31

2016年をふりかえって。

明日で2016年も終わり。
まずはアコカフェスタッフのみなさま、そして弟子のみなさんおつかれさまでした。
みんなのおかげでこの数年間の中でも最も実り多い新しいことにチャレンジする年を過ごす事ができました。
本当に感謝しています。
来年はもっと多くの良い事がおこるように更に頑張る所存です。
来年もよろしくおねがいします!

さて2017年。
これまでは隔週で4日間ギターレッスンを休みにしてクリエイティブな作業にあててきました。
来年からは毎週3日間をクリエイティブDayとして今年以上にコンテンツ制作にシフトした日程にチャレンジします。
この日程が2016年よりも良い形になるのか疑問点も多いけれどやってみなくてはわからないことが多いので、とにかくまずは1月1日からしばしこれでスタートしてみます。
クリエイティブであるためには来客のない状態、スタジオを散らかしておける状態が一定時間つながらないと集中して事に臨めないわけで。
そういう日程が長ければ長いほど良いと自分は考えているので2016年は4日間連続の休みを設けた次第。
結果は良好なものであったがクリエイティブDayを一度過ぎ去ってしまうと2週先までスケジュールが埋まってしまい結局その間にクリエイティブなマインドがオフになってしまうことも体験した。
理想はクリエイティブ作業のみのライフスタイルなんだろうけれど現代のミュージシャンにそういった環境は望めない。
いつだって苦肉の策だけれど来年は毎週3日間と設定する事で効率を落とさずにできるようになることを期待している。

一番の目標は音源制作。
来年は1ヶ月に最低でも1曲のリリースを行ってゆきたい。
有言不実行になるやもしれないが自分の所信表明として書き記しておかねばなるまい。
しかしたくさんあるWebsiteを放置する事もできない。
1月最初の仕事は以下のブログサイトたちのメンテナンスとなるだろう。
・Guitarist Reportsの再構築と記事アップロード。
・Acousphere Officialの記事アップロード。
・Acousphere Blogの記事アップロード。
・Acousphere Guitar Lessonの記事アップロード。

Acousphere Cafe周りのサイトビジネスも更に活発化しなくてはならないだろう。
これに関しては大きな方針の打ち立てと実際にやるべき作業の質と量と期日を仲間達に伝達する事で良しとしなくてはならない。
がしかしそのアウトラインを立案するのは自分の役目である。
1月5日の営業再開日までにテキスト化しておこう。

同じように弟子ひとりひとりの方針と作業も立案して伝えておかなくてはならない。
・麻生くん →オリジナル楽曲の制作とレコーディング&リリース。
・池田くん →出葉くんと共同でレッスンコンテンツ制作とSolsbury Hillのレコーディング。
・出葉くん →同上
・林本くん →アーティストコンテンツ拡充。プロモ映像BGM映像撮影とSmoothレコーディング。
・井上くん →同上+ウクレレレッスンコンテンツ制作。
・清水くん →Acousphere関連のレコーディングとギターレッスン映像コンテンツ。
・外園くん →アーティストイメージの確立レコーディングとボサノバレッスンコンテンツ。
・黒崎くん →基本演奏テクニック確立と音楽理論習得。平行して少々のギタリストイメージ広告。
・高木くん →ウクレレプレイヤー参入とイメージング。レッスンコンテンツ。
・森田くん →ミニギターコンテンツ拡充とレコーディング。
・周くん →カフェ運営と拡大、映像コンテンツ拡充で作家イメージ確立へ。

こうして箇条書きにするとビジネスの進み具合や方向性が個々に違う事を痛感する。
今一度この方向性でいいのか、どのくらいのテンポで進めてゆけるのかを相手と確認した上である程度の数値目標を掲げてコーチングしなくては。
そして軌道に乗ってからのしばらくはその現場から頭を離して自分の人生を進めなくては。

2016/12/14

次に会得すべきすきるは…。

ケラフミコさんのデビューシングルの準備も佳境。
昨日はジャケット写真の撮影をずっとやってました。
被写体が女性ということもあり、やはり顔や肌が美しく写るようにしなくてはならず苦戦。
今までは風景、モノ、男どもだったのでレンズをむけて切り取ればちゃんと作品になった。
しかし同じ手法は女性には通用しなかった。
数撃てば当たるの理論のとおり上手に撮れた写真もいくつかあったけれども自分自身の手で引き出したという感覚が希薄で修行が足らないことを痛感。
プロのグラビアカメラマンとアイドルの方々のプロフェッショナルな仕事ぶりに感嘆する。
しかし自分もファインダーを覗き現実を切り取ることをこれからも続けて行かなくてはならない立場。
落ち込んではいられない。
もっとスキルを身につけなくては。
メイク、雰囲気作り、コミュニケーション。
学ばなくてはならないことのなんと多いことか。

光の文字!

Sonascribeの新しい音源のジャケットは長時間露光による光の文字に挑戦することになりました!
このアイデアは最近一眼レフカメラをはじめたばかりの井上くんから出たもの。
持ち物が良くなって写真撮影が楽しくなってきたことで新しい表現を自然と自得したっていうことなんですよね。
やっぱりモノが人の人生を切り開いてゆくんだなあと痛感。
もっともっと若手に融資して彼らの才能を育てて行かなくてはね!
それが先輩の務めですよね!

[Acousphere Info]
1/15 荻窪アコカフェで新年会!

2016/12/07

沖縄のドライブBGM動画をアップしました!

アコースフィア奥沢です!
沖縄旅行に行ったときにレンタカーにドライブレコーダーを積み込んでドライブの景色を録画して帰ってきました!
青い空、緑の木々たち、白い道をひた走って目的地へ。
本当に心が透き通って行くすてきな旅だったのですがそのときの模様にアコースフィアの音楽をつけてBGM動画を制作いたしました!
こちらに貼り付けてある動画は那覇をでてしばしたった後の沖縄南部の国道を走っているときの映像です。
とっても綺麗に手ブレもほとんどなく撮影できましたので車を運転してる気分になって音楽と映像を楽しんでいただけたらと思います!



[Acousphere Info]
ギターデュオ"Acousphere"が皆様の街へ演奏に伺います!企業イベント、結婚式、音楽フェスティバル、コンサートホール、カフェライブなど様々な場所での音楽ニーズにお応えしています!ご予算に応じたプランで対応いたしますので info@acousphere.net まで気軽にお問い合わせください!

アコースフィアライブ演奏から"Ai No Corrida"をどうぞ!

アコースフィアの2016年2月のスターパインズカフェでのライブ演奏の模様から"Ai No Corrida"を動画でアップしました!
エイベックスからデビューアルバムを出すときにアレンジして、それからずっと愛想曲として演奏し続けてるのですが常に新しい側面が見えてきて演奏するのが楽しい曲です。
自分たちの成長に合わせて楽曲も成長して行くのだなということを長く音楽活動を続けてきたことでとても強く感じるようになりました。
音楽は知識も大事、テクニックも大事ですがやっぱり最後は人格ということになってくるのかもしれませんね。
これからも良い音楽を奏でて行けるように人間としての成熟も目指して自分と向かい合うことを頑張ろうと思います!



[アコースフィアギター教室開講中! / 東京の荻窪にありますAcousphere CafeにおきましてAcousphereによるギター教室を開講中です!初心者の方からプロを目指す人まで様々なカリキュラムで丁寧にフォローいたします!ご希望の予算に応じて自由にレッスン時間や回数を設定できますのでお気軽に info@acousphere.net までメールにてお問い合わせください!]

2016/12/02

忍耐力に勝るものなし。

ケラフミコさんのマスタリング終わりの記念写真。
今年は音源作品に向かい合う仕事を多くすることができた。
仕事の質を変化させてゆこうと努力してきたこの2〜3年だったがようやく変化に兆しがみえてきたように思う。
ほぼ毎日あたらしいライフスタイルの構築のために動いているのも関わらず結果といえるようなものが感じられるようになるまでこれだけ時間がかかってしまう。
人の生活とはなんと大らかな時間の中に取り付いているのであろうか。
若い弟子が結果が出ないことを嘆き早めに撤退するという場面に何回か出くわしたことがある。
そのつど諌め慰め励ましてきたおかげでほぼ全員がちゃんと結果を出せているが、その状況を作り出したのは自分の寛容さなのかとも思う。
別に誇らしくもない。
忍耐力を備えて生きることは人にとって当たり前のことだからだ。
弟子たちには更に大きな寛容さと忍耐力を養ってもらいたいと思う。
実はそれこそが夢を叶える力だからだ。

2016/12/01

沖縄まで水族館映像撮りに行ってきました!

アコースフィア奥沢です!
沖縄まで映像撮影旅行に行ってきました!
もう3度目になりますが美ら海水族館に今回も見学に行って雄大な水槽とジンベイザメの泳ぐ姿に感動してきました!
あんなに大きな生き物が地球上に本当にいて目の前を泳ぐ様を見ると自分という存在が小さなものに感じてしまいますね〜。
その時の感動を映像に収めて持って帰ってきましたのでぜひ下の映像をご覧になって同じことを感じていただければと思います!
また行きたいぞ沖縄!

過去のブログ記事