2017/01/17

ケラフミコさんの初音源iTunesにてリリースされました!



シンガーソングライターのケラフミコさんの初作品をアコースフィアレコードからリリースいたしました!
この数年間の活動の集大成として結実したはじめての音源作品。
プロデュースをする側としても非常に感慨深く想い出に残る作品になりました。
ぜひ今後も継続してケラフミコさんの音楽活動をサポートしてゆきたいと思いますので、みなさまのあたたかい応援をよろしくお願い致します!
以下のURLから試聴もできますので是非!

https://itunes.apple.com/jp/album/hitotsudake-single/id1194019998

2017/01/10

弟子のギタリストAerialによる新作音源がiTunesからリリースされました!



弟子のギタリスト池田くんと出葉くんによるユニット"Aerial"の最新作がiTunesにてリリースされました!
今回はPeter Gabrielの名曲Red RainのNew Age的アレンジメント。
力強いアコースティックギターのストローク奏法の上を出葉くんが繊細にメロディを弾いて奥行きのある音楽作品になりました。
以下のリンクから試聴ができますのでぜひまずは聞いてみてください!
そして気に入ってくださった方、今後彼らの活動をサポートしたいと思ってくださった方はダウンロードしていただければ嬉しいです!
引き続きAerialの音楽もどんどんリリースしてゆきますので今後も応援よろしくお願い致します!

https://itunes.apple.com/jp/album/red-rain-single/id1193452641

感情。

感情というものが僕ら音楽家が扱うべき主題である。
怒り、悲しみ、失望、焦燥感。
喜び、感謝、達成感。
そういった人間らしい感情を時に癒し、時に導く事を音をもって行うのがMusicianというマジシャンの技だ。

しかし人はこの感情に支配され行動を起こす事がある。
感情論という言葉以外で定義できない理不尽な行動。
それは身の破滅へとつながっている。確実に。

その気持ちや行動したい欲求を誰かが外的にコントロールすることは不可能なのかもしれないけれど、自分は何度となくトライしている。
その人物を大切に思うからどんなに反対意見であっても届けるべきだ。
少しでも変化を与える事ができて行動がリーズナブルなものに変質してくれればと思いながらひたすら時間と言葉を割いている。

人を導く事は難しい。
永遠に解決しない主題。
それでも忍耐強くやるしかない。
僕らは無限ループの上で生きている。
それをわかった上でもがくために生きている。

2017/01/08

沖縄ドライブ動画アップ!

アコースフィア奥沢です!
沖縄旅行に行ったときにレンタカーにドライブレコーダーを積み込んでドライブの景色を録画して帰ってきました!
青い空、緑の木々たち、白い道をひた走って目的地へ。
本当に心が透き通って行くすてきな旅だったのですがそのときの模様にアコースフィアの音楽をつけてBGM動画を制作いたしました!
こちらに貼り付けてある動画は那覇をでてしばしたった後の沖縄南部の国道を走っているときの映像です。
とっても綺麗に手ブレもほとんどなく撮影できましたので車を運転してる気分になって音楽と映像を楽しんでいただけたらと思います!



[Acousphere Info]
ギターデュオ"Acousphere"が皆様の街へ演奏に伺います!企業イベント、結婚式、音楽フェスティバル、コンサートホール、カフェライブなど様々な場所での音楽ニーズにお応えしています!ご予算に応じたプランで対応いたしますので info@acousphere.net まで気軽にお問い合わせください!

2017/01/06

ソニーの底力。アップルの凋落。

深夜の首都高もSonyアルファ7S2とBatis 2/25にて撮影してみた。
大きなギャップを乗り越える時はさすがに画面が上下にブレてしまうけれど細かい振動についてはボディ内5軸手ぶれ補正で完璧におさえこむことができている。
本当にソニーの家電製品の技術力の高さにあらためて驚かされている。
Apple Computer社の台頭でしばし日本国内の家電製造業は長く暗いトンネルに入ってしまっていたけれどアップルの凋落と共にそれらが復権してきているのかもしれないと思うようになった。
しかしそれができるためにはイノベーティブでチャレンジスピリットにあふれた製品やサービスを形にできているということが前提条件だと思う。
ソニーの技術力の高さがここにきてじわじわと浮き上がって来たようだ。
僕のメインワークである音楽もきっと同様のことが当てはまるんだと思う。
たくさんの人々を驚かせるチャレンジングで新しい音楽に挑む事。
そのクオリファイを超えてゆかなくてはこの音楽不況の中で生き残る事もできないだろう。
それが何かはいまだにわからないけれど、それを模索し探究する気持ちを忘れてはいけないとソニーの製品群を見る中で感じている。
モノ作りに必要なのはスピリットなんだ。
さあ明日もがんばろう。

ドライブレコーダーの考察。

現時点で動画撮影の最高峰であろうというSonyアルファ7S2とカールツァイスのBatis 2/25。
この組み合わせに5軸手ぶれ補正まで載せて撮影した車載ドライブレコーダー動画。
もうこれ以上ないクオリティで撮影できていて映画のようなクオリティにすることができた。
とはいえ本体とレンズの価格を考えると車の車内につけっぱなしにできるようなものではなく、結果どこへいっても気を使ったり取り外して持ち歩いたりと不便さの方が目立つ結果となってしまった。
最終的に理想型は車の中につけっぱなしにしておけて更に車内シガーソケットから直接給電できて予備のバッテリーや交換がいらないものとわかった。
とうとうソニーのアクションカムも進化を最終携帯までとげることができて4K動画まで撮れるようになっていたので次はFDR X3000を試してみようと考えている。
このモデルが自分にとってのドライブレコーダーの最終選択になるだろうと予測。
安全運転と利便性とどこへドライブにいっても何かしらの作品が作れるという効率もこのモデルが与えてくれるだろうと期待している。

2017/01/01

美ら海水族館のジンベイザメ映像!

アコースフィア奥沢です!
沖縄まで映像撮影旅行に行ってきました!
もう3度目になりますが美ら海水族館に今回も見学に行って雄大な水槽とジンベイザメの泳ぐ姿に感動してきました!
あんなに大きな生き物が地球上に本当にいて目の前を泳ぐ様を見ると自分という存在が小さなものに感じてしまいますね〜。
その時の感動を映像に収めて持って帰ってきましたのでぜひ下の映像をご覧になって同じことを感じていただければと思います!
また行きたいぞ沖縄!

過去のブログ記事